仙台でコンプレックス解消のために美容整形外科を見つける

美容整形で小顔に

ウーマン

美容整形と聞くと、まず顔の整形が浮かぶ人は多いのではないでしょうか。最近では美容整形で様々な部位のコンプレックスに対応できるようになっていますが、やはり顔は需要が高い部位のひとつです。一口に顔の整形といっても、整形にも様々な種類があります。仙台で一般的に扱っている美容整形でも、エラの張りや顔の脂肪、たるみに対応したものなどバリエーションが豊富です。最近ではプチ整形といってメスを使わずに手軽に行える施術も増えてきているのが、整形が一般にも浸透してきている後押しとなっています。たとえばエラの張りに対しては、輪郭にボトックス注射をするだけで小顔効果が望めます。ボトックスはたんぱく質の一種で、筋肉の収縮を弱める働きがあります。輪郭の筋肉の収縮を弱めることで、発達してしまっているエラの筋肉をサイズダウンさせることができます。数週間から1月かけて徐々に効果が出てくるため、自然にやせたように細くなっていくのもプチ整形の魅力の1つです。他にも顔の脂肪やたるみにも、薬剤は違えど注射1本で対応できるほど手軽な施術になっています。仙台の一般的な整形美容外科で行われるプチ整形施術の流れとしては、まず電話予約を行ってカウンセリングから始まります。予約日に来院して、医師との相談を行います。このカウンセリングでは患者の現在の健康状態や、どういった点で悩んでいるか、どういうフェイスラインを希望しているのかといった細かい内容をヒアリングしていきます。ここで聞き出された内容を元に、医師が最適な注入量や範囲を提案して説明をしていきます。質問にも答えてくれますので、不安に思う点などはしっかり聞いておくようにすることが大切です。施術内容や説明に納得して承諾すると、プチ整形などの処置時間が短いものであればその日で施術を受けることができます。この際に一旦検討して、再度予約を入れて施術を行うといったことも可能です。施術の際は基本的に麻酔を行ってからの施術となります。仙台の美容整形外科では、痛みに敏感な人のために笑気麻酔が利用できるところなどもあります。注射で薬剤を注入すれば、施術は終わりです。入院なども特に必要なく、施術後はダウンタイムの説明を受けてからそのまま帰る事が出来ます。費用も仙台で行われている一般的な美容施術に比べると非常に安くなっていて、1回数千円程度で収まるものもあります。ただ、永続的な効果が見込めない場合や複数回で効果を実感できるようになる事もあるため、用途に合わせて施術を選ぶといいでしょう。

医者

保険が適用される美容整形

基本的に国が定めた病気以外については、健康保険は適用されません。ただ、仙台で行っている美容整形の中でも保険が適用されるものがあります。まずはカウンセリングにて医師に相談してもいいでしょう。

カウンセリング

美容整形外科選びのコツ

仙台で美容整形外科を探す際には、病院全体ではなく医師の実績と症例写真を参考にして医師を選ぶようにしましょう。好みの症例写真が多い医師であれば、思い描いているイメージにより近い施術をしてくれる可能性も高まります。

鏡を見る人

美容整形のダウンタイム

美容整形にはダウンタイムというものが存在します。ダウンタイムは施術後の腫れや内出血が起こる期間のことで、安定するまでまとまった期間が必要になる場合もあります。そのため、最近では手軽にできてダウンタイムも比較的短いプチ整形が仙台で人気です。

女性

ヒアルロン酸とプラセンタ

ほうれい線の施術として、ヒアルロン酸注射とプラセンタ注射は仙台の美容整形外科でも人気の施術です。ヒアルロン酸は直接潤いを補充するような効果を持ち、プラセンタはヒアルロン酸やコラーゲンの生成をサポートするような効果を持っています。