仙台でコンプレックス解消のために美容整形外科を見つける

  1. ホーム
  2. 保険が適用される美容整形

保険が適用される美容整形

医者

仙台に限らず、風邪などの病気になって病院に行くと保険証の提示を求められます。これには理由があって、保険者から7割の医療費を請求するためのものです。保険が適用される病気についてはその大半を保険者が払ってくれているため、保険に加入している場合は医療費が3割程度で済んでいるのです。しかしながら、保険は基本的に「病気」でないものに対しては適用されません。国に認められている「病気」のみに適用されるものとなっています。そのため、病気として扱われない「美容目的」である美容整形のほとんどの施術は保険適用外となり、全額自己負担の自由診療となります。これ美容整形外科の医療費が高額である理由となります。しかしながら仙台の美容整形の中でも重度の眼瞼下垂や陥没乳頭などの保険が適用されるものもあります。お悩みの症状が保険で適用される範囲かどうか事前に確認してから施術を検討すると、より費用も安く済ませることができます。他にも仙台の美容整形外科でも扱っている保険適用内の施術としては、逆さまつげやほくろ除去があります。ただ、ほくろの除去は全てが対象外というわけではないというところに注意が必要です。ほくろにも悪性のものと、無害である良性のものがあって危険性がある悪性のものについては保険適用内となります。その理由として、悪性のほくろというものは実はほくろではなく、皮膚がんの一種だからです。見分け方としては、輪郭がはっきりしていないものや大きくなるもの、かゆみが出るものについては要注意です。仙台の美容整形外科でも診断を行ってくれるため、早めに相談するようにしましょう。