仙台でコンプレックス解消のために美容整形外科を見つける

  1. ホーム
  2. 美容整形のダウンタイム

美容整形のダウンタイム

鏡を見る人

美容整形につきものなのが、ダウンタイムの存在です。ダウンタイムというのは、施術を行ってから施術跡や腫れといったような症状が回復するまでの期間の事を指します。仙台で美容整形を検討している女性にも、このダウンタイムの問題から施術を迷っているという人も多いでしょう。美容整形のダウンタイムは大きく分けて4つあります。まず一番多いものとして、美容整形後の痛みです。施術の内容によってもまちまちですが、施術後もしばらく痛み止めを服用しなければいけないものもあります。他にも外見として見えやすいものでは、美容整形後の腫れがあります。特にまぶたの整形は腫れによるダウンタイムが目立ってしまうため、整形を気づかれたくない人は期間中にまとまった休養をとる方がいいでしょう。内出血も分かりやすいもので、主に脂肪吸引を行った際のダウンタイムに症状が出ます。脂肪吸引では広範囲に内出血の症状が出てしまう事があるため、1週間から2週間ほどダウンタイムが必要になってしまう場合があります。また、抜糸が必要な施術の場合は糸を抜糸するまでの間もダウンタイム期間に含まれます。溶ける糸を利用して施術する場合は、抜糸の必要がなくなるのが利点ですが、糸が溶け切るまでに3週間から4週間かかってしまいます。こうしたダウンタイムは大掛かりな施術になればなるほどその分ダウンタイムも長いことが多く、まとまった休みを取ることができないと難しいものもあります。整形を気づかれても平気という人でも、接客業の場合は難しいでしょう。そのため、最近ではダウンタイムが非常に短くて済むプチ整形が仙台で人気を集めています。仙台の美容整形外科で行うことができるプチ整形は、ダウンタイム以外にもメリットがあります。メスを使わずに手軽に施術することができるので、身体への負担が少なく整形が初めてという人にも受け入れられやすいです。また、施術が1時間もかからないような短期間のものがほとんどになっています。永続性がないために、維持のためには不定期に施術を繰り返す必要がありますが、1回の施術費用も仙台で行われている一般的な美容整形手術よりも大幅に安くなっています。そのため、広く一般にも浸透して身近な存在となってきていて、コンプレックスに悩む女性の強い味方となっています。また、外見でコンプレックスを抱えるのはなにも女性だけではありません。広く一般に浸透してきたこともあってか、最近では男性でも美容整形を行う人も増えてきています。性別に関係なく、コンプレックスを改善して自信を持ちたいと考える人は少なくありません。