仙台でコンプレックス解消のために美容整形外科を見つける

  1. ホーム
  2. ヒアルロン酸とプラセンタ

ヒアルロン酸とプラセンタ

女性

美容整形外科では、一つの部位の悩みについて幾つかの施術があるものが多いです。例えば仙台の美容整形外科でも、ほうれい線を消すために複数の施術方法があります。ほうれい線の施術は注射だけで済むプチ整形が人気ですが、注入する薬剤によって特徴があります。仙台のほうれい線施術でよく使われているのがヒアルロン酸やプラセンタとなります。ヒアルロン酸は人体の柔軟性や弾力性を支える保湿・保水成分です。皮膚や関節液として体内に存在していて、高い保水性と弾力性によってクッションの働きをしたり、関節の間の潤滑剤となったりしています。このヒアルロン酸は加齢によって減少してしまうため、肌のハリが保てなくなる原因となります。肌のハリが保てなくなると顔の皮膚がたるんでしまい、それがほうれい線のできてしまう原因となります。ヒアルロン酸は食物から摂取をしようとしても、豊富に含まれている食品が魚の目や豚足、ニワトリのとさかといった継続して食べるのが難しいものになっています。摂取するのに苦労するヒアルロン酸を、手軽に効率よく補充するのが仙台のほうれい線施術で利用されるヒアルロン酸注射です。プチ整形ということもあって非常に施術時間が短く、値段も手軽ということから人気があります。しかしながらヒアルロン酸は個人差はあれど数ヶ月で体内に吸収されてしまうため、定期的な施術が必要となります。また、美容整形に用いられるプラセンタという薬剤は、哺乳類の胎盤から栄養素の成分を抽出した胎盤エキスです。胎盤には生命の源となるたんぱく質や脂質に糖質といった三大栄養素だけではなく、アミノ酸やビタミンやミネラルといった様々な栄養素が含まれています。ほうれい線の原因であるたるみ以外にも、美白・保湿効果など、プラセンタの摂取により得られる効果もさまざまです。プラセンタはコラーゲン注射のように直接ハリを取り戻すというよりは、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する働きをサポートするようにして肌のハリを取り戻す薬剤となっています。どちらにも長所があるため、どちらを利用するかはカウンセリングにて仙台の美容整形医師と相談しながら決めると、より自身に合った方法でほうれい線の対策ができるでしょう。